顔の汗を止める制汗剤はニオイも同時に抑える

顔の汗が臭うのは勘違い!皮脂が酸化する理由とは

 

ワキガを疑う女性

顔に汗を掻くと不快な臭いを感じるという方は多いもの。もしかしたら私はワキガなのか・・・、悩まれている方も多いことでしょう。実は私も顔の汗が臭いことに長年悩み続けた経験があります。皮膚科に通ったり美容外科での手術も検討したほどに悩んだものです。

 

顔の汗が臭いと感じる原因は皮脂にあります。顔から分泌される皮脂が多かったり少なかったりすることが不快な臭いに繋がっているんですね。分泌量が多すぎると、酸化して、それを好む黄色ブドウ球菌が繁殖することによって顔から臭いが発生し、分泌量が少なすぎると、生体防御反応によって必要以上に皮脂の分泌量が増えることによった雑菌が繁殖し、においが発生する。

 

多くの方は汗そのものから臭いが発生していると思っているようですが、汗の成分は99%が水分なのでそれ自体から臭いが発生することはないのです。なので、顔の汗の量をコントロールする対策法よりも、皮脂の質と量のコントロールする対策法を実践しないと、この悩みはいつまで経っても解決できないんですね。

 

皮脂の酸化を防ぐ方法は汗を利用すること!

 

皮脂コントロールの重要性を説明する医師

顔汗が臭いと悩む方の多くは、普段から誤ったスキンケアをしているケースが多いようです。実際わたしも、1日3回くらいは洗顔したり、ゴシゴシと顔を擦るように丁寧な洗顔をしていたほどです。これほどこまめにケアしていれば、顔の汗も流せるし、臭いも出るはずないと思っていました。

 

でも実は皮膚科の医師や体臭の権威である専門家も、過剰なスキンケアは逆効果と指摘しています。顔汗対策ができても、皮脂の分泌量を過剰に増やしてしまうため、却って臭いが強くなってしまうのだそうです。

 

でも、そんなスキンケアを適度なレベルに抑えて、顔の汗をうまく利用することができれば、皮脂の分泌量もコントロールできるようになります。その結果、顔に群がる黄色ブドウ球菌の繁殖も抑えることができ、不快な臭いの発生も最小限に抑えられます。

 

汗を上手く利用する方法・・・運動やお風呂で日常的に適度な汗を掻くようにしよう。質の良い汗は皮膚に再吸収される性質をもっていて、肌を保湿してくれます。皮膚の乾燥が和らげば、皮脂の量も適度な範囲に留まるので、臭いの原因菌の繁殖も防げます。

 

お風呂で汗を掻く習慣のイメージ 運動で汗を掻く習慣を持つ女性

 

適度なスキンケアも実施・・・顔の皮脂量は、適度な洗顔と保湿をすることでコントロールしやすくなります。保湿化粧品の使いすぎもよくありません。化粧品に含まれる成分によっては、皮脂腺や汗腺を塞いでしまうので逆効果になりかねません。