薬は副作用に懸念あり!顔用の制汗剤なら安全

顔の汗は薬で止める?有名なプロバンサインは効く!しかし

 

プロバンサインのイメージ

多汗症の方に処方されることがあるプロバンサインは、顔の汗を止めたい方にも有効な薬としても有名ですよね。最近では個人輸入を利用して、プロバンサインなどの薬を顔の汗の対症療法に役立てるために購入している方も多いようです。私自身は病院で多汗症の診察を受けた際に、それらの薬を処方されたことがあります。

 

実際に顔の汗を止めたい方がこの薬を服用すれば劇的な果を感じると評判です。顔だけでなく全身の発汗量が減るのでかなりの効果が出ていたことを考えると、非常に効果の高い薬なのだろうと思います。緊張しやすく、自分で汗の量をコントロールできない方は、大事な局面に遭遇する前にこの薬を服用すれば、顔の汗はピタリと止まるかもしれません。

 

ただ、プロバンサインの副作用について調べている方は少ないようです。病院でプロバンサインを処方される場合は、医師による説明がありますが、問題は個人輸入でそれらの薬を購入する場合です。『顔の汗を止める薬』という効果効能は、輸入代行のサイトでも解説されていますが、副作用についての解説は見当たりません。

 

これでは、顔の汗を止めることができても、副作用に悩む場合が出てくるかもしれませんよね。

 

喉や口が乾く副作用に注意!危険を感じたら服用を中止しよう

 

副作用に悩む女性

プロバンサインの副作用として有名な症状は口や喉の渇きです。ネットでプロバンサインを飲んだ方の感想によると、『顔の汗はこの薬でピタリと止まったが、喉や鼻の渇きの副作用が酷かった』という投稿があり、薬としての作用が強い反面、その反作用も強い薬なのだなと思いました。私の場合は喉と口の渇きで、感覚としてはアレルギー性鼻炎の薬を飲んだ時に体験した副作用と似ている感じがしました。

 

ただし、これらの薬を飲んだ時に生じる口・喉・鼻の渇きは、副作用の初期段階と説明されています。ということは、顔の汗を止めるために、軽い副作用を無視して薬を長期連用した場合、もっと強い副作用があるのかもしれませんね。

 

プロバンサインの副作用による頭痛に悩む女性

ちなみに、この薬を飲み続けた私の知人は、顔が真っ赤になったり頭痛を訴えたりしていました。彼も仕事の都合上、毎日のように顔の汗を止める薬を飲み続けていた方の一人です。ちなみに、医師の指導や管理の元にこれらの薬を飲んでいれば、服用期間や中止するタイミングなどもコントロールできたかもしれませんね。

 

個人輸入で入手した薬で顔の汗を止めることを検討している方でも、まずは一度専門医の診察を受けてから相談してたほうがいいでしょう。

 

運動する方は要注意!薬を使った対策法には危険性も

 

副作用に注意を促す医師

日頃から筋トレやウォーキングなどの運動を習慣にされている方は、顔の汗を止める薬は服用しないほうが良いでしょう。というのも、運動中に掻く汗は気化熱を利用して上昇した体温を下げる働きがあるので、薬によって汗を止めてしまうと体にこもった熱を下げられなくなるのです。これは人間がもつ体温調節の重要なメカニズムで、生命を維持するために必要な機能であることを考えると、運動される方がこれらの薬を服用する場合は注意が必要でしょう。。

 

体温が上がりすぎた時に汗を止める薬によって発汗を抑えられてしまうと、熱中症と同じ状態になり、場合によっては命を落としてしまう可能性すらあります。ジムでの筋トレや、ジョギングなど発汗量が多くなる運動をする方は、顔の汗を止める薬の服用は止めておきましょう。また、知り合いにそんな方がいれば、止めるよう促してください。

 

それと、入浴前にプロバンサインなどの薬の服用も気をつけましょう。理由は運動前に服用するのと同じで、入浴時の体温調節に関係しています。そんなバカなことする者などいないだろ・・・、と言われそうですが、不注意で薬を服用する方がいないともかぎりません。お風呂で顔に汗を掻くのは当たり前の行為ですし、お風呂で掻く汗は健康にも良いものですから、汗を抑制する薬を使ってまで止める必要はありませんものね。

 

薬を服用する対策法は医師の診察を受けてからにしよう

 

顔の汗を止めたい一心なのは理解できますが、プロバンサインを服用する場合、必ず医師の診察を受けてからにしましょう。薬は用法・用量を間違うと危険が伴います。上述した副作用やその他の健康上の危険について専門知識を持たない私達が、自己判断で勝手に飲み続けてよいものではありません。

 

また、顔汗の悩みの規模によっては薬の服用が適切でない場合もあるはずです。日頃の生活習慣だけで改善できるかもしれない問題に薬を使うのは体に負担をかけるだけです。顔の汗は確かに深刻な問題で、早期に解決したい悩みでもあります。その悩みを解決するには薬は手っ取り早い対策法かもしれません。しかし、汗腺トレーニングや食生活を見直すだけで改善する例も多いのです。

 

インターネットの個人輸入代行サイトを利用すれば海外の薬でさえ簡単に手に入ります。その薬を販売していたり、紹介しているサイトは、それらの薬が顔の汗に有効であるとのメリットばかりを強調するように紹介していますが、プロバンサインなどは市販で医師の許可なく購入できる薬とは違います。顔の汗にお悩みの方は、ぜひその点を理解しておいてくださいね。